本文へスキップ

東洋技研は浄水器の企画、製造、mizu-Qシリーズの販売をしている会社です。

8月1日 淀川の水を飲んでみました!


今回は、淀川の水を浄水化して実際に飲んでみます!





連日の猛暑続きで、雨はゲリラ豪雨的な降り方が多く川の水も普段に比べてやや濁り気味です。







河川敷にはバーベキューをしているグループが1組居られました。





周りには散歩をされてる方と釣りをされてる方がチラホラ





今日の枚方市の最高気温は35℃になるらしいです…(;^_^A









そして今回使用する原水です





川の水自体は濁って見えますがコップやペットボトルで掬うと
少量の為、薄らと色が付いているのが確認出来ます。
あと、不純物が浮いているのが幾つか見えます。





原水を反応試験紙で検査してみました。
※恒温器にて36℃を24時間保ち8月2日に撮影
(左:一般細菌  右:大腸菌)

赤い点はコロニーと言い、菌を表し
薄赤いシミの様な箇所は菌の運動性を示しています。



早速、mizu-Q PLUSで浄水化してみます!!





並べてみると原水の方に濁りがあるのが解ります。

中空糸膜と繊維状活性炭で雑菌や濁りを取り除くので
川の水が安心安全な飲料水になります。






実際に飲んでみると味は…
薄らとお茶風の雑味の様な物が感じられ、独特な味がします。
この浄水にお茶の様な色を付けて何も聞かされず飲んだら
新しい種類のお茶かな? と思ってしまう様な感じでした。



毎日猛暑が続きますが、まだ8月も始まったばかりです。
今後の天気の長期予報によると、9月いっぱい30℃を下回る日が無いとか…( ̄ー ̄;
家にいる時は、小まめにクーラー入切するより
つけっ放しけっぱなしの方が経済的と先日テレビでも言ってました。
熱中症にはくれぐれも気を付けて、なんとか猛暑を乗り切りましょう!!






これからも色んな川や池の水を飲んでみようと思いますので
宜しくお願いします。