本文へスキップ

東洋技研は、mizu-Qシリーズの販売をしている会社です。

1月23日 淀川の水を飲んでみました!


今回は、大阪府守口市の淀川河川敷公園の淀川の水を浄水化して実際に飲んでみます!





この場所は、去年の8月に読売テレビさんにmizu-Q PLUSを取り上げていただき
撮影してもらった場所です(^^)
実際に武田訓佳さんに、淀川の水を試飲してもらいました。





すぐ近所には、桜ノ宮高校があります。
綺麗な校舎です。








今日は本当に寒く、人が誰も居ません(笑)
大阪でも午後からは、雪が降るとの事です。








今日の淀川の水は、結構濁っています。











そして今回使用する原水です










原水を反応試験紙で検査してみました。

やはり淀川は、様々な場所の水が流入しているので
去年の琵琶湖や鴨川に比べて、細菌類は多めです。

※恒温器にて36℃を24時間保ち1月23日に撮影
(左:一般細菌  右:大腸菌)

赤い点はコロニーと言い、菌を表し
薄赤いシミの様な箇所は菌の運動性を示しています。





早速、mizu-Q PLUSで浄水化してみます!!





コップやペットボトルに河川水を入れると、目視ではあまり違いが解りませんが
原水の方は、ほんの少し河川臭が感じられます。
夏場に比べて今の時期は水温も低く
臭いの元となる細菌の数も少な目です。

中空糸膜と繊維状活性炭で、雑菌や濁りを取り除くので
川の水が安心安全な飲料水になります。







実際に飲んでみると味は…

今回も無味無臭の水でした。
原水は僅かに臭いが有りましたが、浄水は無臭になっています。



昨日までは比較的暖かかったですが、今日は本当に寒く
今年一番の冷え込みだそうです。
しかし、今週はまだまだ寒くなる模様です…(^^;)
東京は大雪警報が出ているらしいですが
大阪は冷たい雨が降っています。


インフルエンザも、今が一番の流行期らしいので
外出先から家や会社に帰ると、手洗いうがいを是非お勧めします。
しっかり予防して冬を乗り切りましょう(^^)