本文へスキップ

東洋技研は浄水器の企画、製造、mizu-Qシリーズの販売をしている会社です。

会社案内company

社名
東洋技研株式会社
代表者
代表取締役社長  森 昌範
本社所在地
〒576-0054
大阪府交野市幾野6-52-5

→アクセス
TEL. 072-893-0316
FAX. 072-893-0283
資本金
2000万円
創業
昭和2年
創立
昭和46年2月9日
従業員数
25名
取引銀行
近畿大阪銀行 交野支店
京都銀行   津田支店
主要お取引先
(敬称略 順不同)
株式会社ゼンケン
菱電商事株式会社
アズワン株式会社
株式会社ヤガミ
日陶科学株式会社
株式会社タクミナ
株式会社トーケミ

沿革

昭和2年
大阪精密理化学器械を設立し理化学分析用機器製作開始
昭和4年
国内初の微量分析装置を開発し国産化に成功
昭和29年
次亜塩素酸ソーダによる滅菌器を開発販売
昭和35年
次亜塩素酸ソーダの金属イオンの酸化効果を応用した
除鉄滅菌ろ過器を開発販売
昭和38年
簡易水質試験器を開発販売
昭和42年
高純度ヤシガラ活性炭”ビオブラック”を開発
昭和43年
ミネラルウォーター化装置”活水器R”完成
昭和44年
枚方工場建設
昭和46年
東洋技研株式会社を創立
昭和48年
住友化学工業(株)との技術提携によるイオン交換樹脂・純水装置を開発
尼崎工場建設
昭和50年
加島工場建設(尼崎工場閉鎖)
昭和51年
重金属処理装置の開発
昭和52年
大阪府新技術製品開発研究補助金交付を認定される
昭和53年
水の分析業務を開始
活水器のOEM生産を開始
昭和55年
交野工場建設(枚方工場閉鎖)
昭和59年
『水の精製装置』の特許認可
日本発明特許学会より発明表彰
平成1年
交野工場増設
平成2年
社団法人日本水道協会給水器具型式登録
社団法人日本水道協会検査工場登録認定を受ける
平成8年
交野第2工場増設
平成13年
ISO 9001 認証取得
平成16年
ISO 14001 認証取得
資本金を2,000万円に増資
平成25年
非常災害用「ストロー浄水器 mizu-Q」販売開始
平成26年
非常災害用「ストロー浄水器 mizu-QP」販売開始
平成29年
携帯型浄水器「mizu-Q PLUS」販売開始(※特許出願中)